「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。」と表示された時の対処法

Windows7のPCを2台持っているのですが、その2台が
現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。 」と表示され、Windows Updateが行えない事態になりました。

1台だけならまだしも2台ともとなると、原因はマイクロソフト側がにあるのでは?と疑い、解決法と原因を調べてみました。

原因としては、やはりマイクロソフト側にあり、公式アナウンスがされていました。
Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する
今度はWindows 7のWindows Updateでトラブル──でも、解決策はあります!

セキュリティ対策や、不具合修正、機能改善を目的としているWindows Updateが原因で
トラブルになるなんて、今年最後で最大級のブラックジョークです(苦笑)

対応としては、、「システムの日付を一時的に2017年12月3日より前にすることで回避できる」などの情報がありましますが、私が行った対策を紹介したいと思います。
ここで紹介している対策を行うことで、2台とも解決できたので、恐らく多くの人に有効ではないかと思います。

1.メモ帳などのテキストエディタを開き、下記内容を記述して、「Repair.bat」という名前で保存します。
拡張子は、かならず「.bat」にしてください。
—————以下Repair.batの内容—————
net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc
—————以上Repair.batの内容—————

2.保存した「Repair.bat」を選択して、右クリックをし「管理者として実行」を選択します。
実行すると下記の処理が行われますので、終了するまで待ちます。

3.Windows Updateから「更新プログラムの確認」を実行します。

4.解決されていると、下図のように更新プログラムが表示されます。

同様の現象でお困りでしたら、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)