ソーダーメーカーはコスパ最強(sodastream source v3)

晩酌を愛する私としては、毎日の炭酸水は欠かせません。
ウィスキーや焼酎をこれで割れば、いろいろなお酒を楽しめます。

炭酸水ボトルはコスパが悪い?

ただ、500mlの炭酸水をコンビニで買うと100円します。
たまになら、そうでもありませんが、
毎日買うとなるとお金もかかります。
毎日1本でも30日で3,000円、年間36,000円です。
バカになりませんよね。

ソーダストリーム Source v3を導入

そこで、我が家も巣ごもり需要ではないですが、
ソーダーメーカーを導入しました。
今回手に入れたのは「sodastream source v3」です。
これを使って、4ヶ月経過したので簡単にレビューしたいと思います。

ソーダストリーム Source v3 (ソース v3) スターターキット

最初から60リッター分のガスシリンダーが付属しているタイプで、
届いたその日から炭酸水ライフが楽しめます。

使い方はとっても簡単、ガスシリンダーを本体にセットして
付属の専用ボトルに水を入れてソーダーメーカーでガスを注入するだけです。

ボトルは2種類あって、
小さい方が強い炭酸を作るのに向いているかなと思います。
大きいと水が多い分、炭酸が少し弱くなる印象ですね。
もちろん、好みに合わせて炭酸の強さも変えられます。

あと「sodastream source v3」は、電源が要りません。
なので、電気代が掛からないのと置き場所に困りません。
エコで好きなところに置けるのもメリットですね。

ソーダストリーム Source v3を導入した結果

で、実際にどれくらいの期間使えたと言うと、、、
60リッターシリンダーで約3ヶ月使えました。

メーカー公式アナウンスで、60リッターガスシリンダーで
120日ですから、ほぼカタログ値通りですね。

そして、空になったガスシリンダーはどうすればいいかと言うと、
交換可能な店舗に持ち込めば、2,000円で交換できます。
とてもリーズナブルですよね。

交換可能なお店は↓で確認できます。
https://www.sodastream.jp/stores/

また、オンラインでも交換可能で、
佐川急便が充填ガスシリンダーをご自宅にお届けてくれた際、
空のシリンダーをドライバーに渡すことで交換できます。
詳しい方法なんかは、↓のページで確認できます。
https://www.sodastream.jp/contact#cylinder

ガスシリンダーはゴミとして破棄すると法律違反になる

気をつけなければいけないのは、ガスシリンダーを
一般ごみとして破棄するのは、法律で禁止されています。
絶対に破棄しないよう注意してください。

ガスシリンダーが不要になった場合は、
ソーダストリームのガスシリンダー返却グループまで郵送が必要です。
返却についても、詳しいことは↓ページを確認してくださいね。
https://www.sodastream.jp/contact#cylinder

ソーダーメーカーのコスパは最強

コンビニで3ヶ月毎日炭酸水を1本買えば、
9,000円掛かるのがガスシリンダー交換だと2,000円になります。
7,000円も節約できるのだから、これはお得ですよね。

この計算なら21,000円で本体を購入したとしても、1年くらいで元が取れちゃいます。
あと、ペットボトルゴミが出ないのもメリットですよ。

値段がそこそこしますが、買って後悔する人はほとんどいないと思います。
迷っているなら、早めの導入をおすすめします。
あと、お酒好きの人にプレゼント!なんていうのも喜ばれると思います。
ソーダストリーム Source v3 (ソース v3) スターターキット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)